部位別の医療脱毛でわかること

クリニックで行われている全身脱毛の料金や特徴、効果まとめ

投稿日:

クリニックで行われている全身脱毛
クリニックでの全身脱毛は年々増えており、割合としてはサロンでの脱毛より少し低い程度の数字になってきました。

これはクリニックでの脱毛は産毛などの色素の薄いむだ毛も脱毛可能であり、サロン等で苦情の元になる脱毛の部分の多くをクリニックでカバーできることが浸透したことも大きいといえます。

医療脱毛とサロンの脱毛は様々な違いがあり、サロンの脱毛では満足できないユーザーの多くが医療脱毛での修正を受けています。

全身脱毛等でも産毛やフェイス脱毛などもサロンよりもしっかりと出来るので、産毛などをしっかりとなくした人や、襟足、もみあげなどの脱毛を考えている人はクリニックのほうが確実性が高いといってもいいでしょう。

クリニックでの全身脱毛脱毛について

医療脱毛の全身脱毛
サロンとクリニックで施術のシステム自体は、そこまでの大差はありません。

フラッシュを使用することで毛根の動きを止めていき、くりかえすことで発毛自体を止めていくのが基本的な流れになります。

このフラッシュの強さがサロンとクリニックでは違いがあり、クリニックではサロンの約3倍の強さのフラッシュを使用することができます。

この違いが全身脱毛の中でも特にVIOに関係してくることになり、サロンでは不満やトラブルの多いVIOの脱毛をしっかりと行えることに繋がります。

クリニックだからこそできる全身脱毛

全身脱毛の中でクリニックの特徴になるものがいくつかあります。

クリニック 全身脱毛の特徴

・麻酔の使用ができる
・処方薬を出してもらえる
・ニードル脱毛を併用できる

クリニックの全身脱毛を受ける人の多くが初めての脱毛であることが多く、太いむだ毛の目立つVIOなどをしっかりと脱毛したいと考える人がほとんどです。

VIOは皮膚が薄く色素沈着も起こしている部分であり、痛みを感じやすい部分になります。

フラッシュの強さを弱めることで痛みは軽減できますが、サロンでのVIOの仕上がりに対する不満などを見る限り、クリニックを選ぶ人は「多少痛みがあってもしっかりとVIOの脱毛をしたい」と考える人がほとんどです。

クリニックは医療機関なので、麻酔を使用することができます。また、サロン等でもトラブルとしてあげられる毛嚢炎などもクリニックであれば施術当日に処方薬を出してもらえるので、ホームケアもしっかりとできます。

麻酔はもちろんですが、自家用車や電車などに乗った際の吐き気止めや痛み止めなどもカウンセリングで希望すれば出してもらえることがほとんどであり、クリニックの脱毛は肌の弱い人や痛みの弱い人ほど満足のできるアフターケアが準備されていると考えていいでしょう。

ニードル脱毛の併用

ニードル脱毛は現段階で永久脱毛を名乗ることのできる唯一のものであり、クリニックではこのニードルを使用することができます。

ニードルは電気の通った細い針であり、電気美容針という名称になります。この針を毛穴に差し込んで電気を毛根に流すことで、毛根の動きを確実に読めることになります。

ニードルは、フラッシュの様にメラニンに反応させずに毛根の動きを止めることができるので、白い産毛や白髪のむだ毛などにも効果を発揮できます。

ニードル脱毛は男性の髭などにも利用されることが多く、もみあげの形を整える脱毛やデザイン的にも使うことができるので、クリニックの脱毛を進化させる存在と言ってもいいでしょう。

デメリットは、一つ一つの毛穴に一回ずつニードルを差し込んでいくので、1時間で脱毛できる範囲が小さいことになります。

うなじやもみあげの様な濃さを、何とかしながら綺麗な形や希望の形にしたい場合には、ニードル脱毛を使うことで1回の施術で脱毛を完了することにもなるので、部分的に使用することでデメリットはほとんどないといえます。

全身脱毛等に多いのが、「うなじの毛量を間引きたい」「もみあげの毛量を間引きたい」というものです。
ニードル脱毛を併用することで外見的美容にかかわる部分の脱毛を1回で終わらせることもできるので、組み合わせで満足の度合いをより引き上げることにも繋がります。

クリニックの全身脱毛はどれくらいで完了するのか?

クリニックの全身脱毛完了まで
クリニックの脱毛は、前述のように効果が高いものになります。

クリニックの多くが1回の施術で全身を1回脱毛していくことになり、満足いく回数としては5~6回の脱毛が目安になります。

クリニックでの脱毛の感覚は1~2か月に1度のものがほとんどであり、年間にすることで6~12回の脱毛を受けることができます。

サロンでの脱毛で多いのが、1回の施術で全身の4分の1~半分を脱毛するもので、毎月脱毛できるけれども全身1回の脱毛を完了させるには4回通うことになり、年間では全身は3回しか脱毛できないことになります。

サロンの1年間の脱毛の半分以下の回数であり、時間や期間が長期になってしまうことや、VIOや背中の脱毛が満足できないなどの声が多く上がる部分をみても、全身を1度に1回脱毛できるクリニックの施術は人気が出るのが納得と言えます。

価格面での相異

クリニックの脱毛は高額のイメージが根強く、サロンのほうがお得だと考える人は少なくありません。

全身脱毛の平均価格として、

サロン…30万円~40万円
クリニック…45万円前後

が多いですが、どちらももっと安価で施術を受けることができる場合が多くなってきました。

ここで価格だけで見るならばサロンが圧倒的に安価に見えますが、サロンではVIOや背中、シェービングの剃り残しへの対応など、全身脱毛を6回終えても追加でVIOや他の場所の脱毛を購入することになり、価格の合計金額はクリニックを上回ることも出てきます。

期間の長さ、価格、満足度を見てもクリニックであれば同じ金額で6回でほぼ満足ができる、追加の全身脱毛プランも1回単位での購入、もしくは気になる部分だけの1回購入なども可能であり、無駄の少ない脱毛になります。

また、クリニックではシェービング込みのコースがほとんどです。VIOやヒップ奥、背中などセルフシェービングの難しい部分の剃り残しなどは施術しながらスタッフがシェービングを行いながら施術をしてくれます。

大手サロンのほとんどがシェービングの有料サービスを廃止してしまい、施術を受ける前日までに自分でシェービングを行う必要があります。

目安としてむだ毛の長さは2ミリまではOKという平均値になっていますが、剃り残しに対して明確な基準がなくスタッフの個人感覚になってしまい、これらもトラブルに繋がっています。

特に、安価で受けることのできる全身脱毛のコースなどは厳しく判定されることがほとんどであり、6回受けても実質3回分程度しかフラッシュを当ててもらえなかったなども多く上がっている口コミです。

また、有料でシェービングが受けられるサロンでも、1か所につき1000円であることがほとんどであり、VIOのシェービングの場合は1か所ではなくVライン、Iライン、Oラインの3か所になるので1000円×3か所の代金になります。

また、背中などの広範囲の場合は3か所に分けられていることが多く、この中の2か所がシェービング不足になれば1000円×2か所です。

合計で5000円かかることになり、剃りにくい部分の細かな料金などを考えていくとクリニックの全身脱毛は時間、コスト、満足度を見ても非常にお得だということに気付く人も多いのではないでしょうか?

出来るだけ脱毛に通う回数は少なくしたいものです。クリニックでの全身脱毛は、最終金額はサロンと同等でありながら短期間での脱毛の完了等を考えれば、男女双方からの支持がたかいのも納得できるかと思います。

クリックの全身脱毛でチェックすべき部分は?

チェックすべき部分
クリニックでの全身脱毛でチェックすべき部分は、コースにVIOが入っているかどうかになります。

あまりにも低価格の場合はVIOなしのコースであることもあり、クリニックでの脱毛の魅力を半減させてしまうからです。

クリニックで最も人気がある脱毛はVIOであり、次いで全身脱毛になります。はじめての脱毛の場合は、一気にむだ毛を減らせる全身脱毛を選ぶかと思いますが、この際にVIOが入っているかどうかは必ずチェックしておきましょう。

ホームケアのチェック

クリニックでの施術でチェックしたいことに、ホームケアがあります。これは施術後にかかりやすい毛嚢炎の抗炎症剤や、痛み止め、かゆみ止めなどを処方してもらえるかどうかになります。

また、肌の乾燥などが気になる場合にはクリニックで推奨するスキンケアセットなどを処方してもらえる場合もあるので、痛みを感じやすい人や肌荒れを起こしやすい人、Vラインなどの毛穴の炎症を起こしやすい人はカウンセリング時に処方薬にそれらを希望する様にしましょう。

麻酔の使用

痛みに弱い人などは、2回目以降の施術で別途料金で麻酔が使用できるのもクリニックのメリットの一つです。

この場合、使用する麻酔は全身麻酔などの大掛かりなものではなく、塗るタイプの麻酔や笑気麻酔などになります。これらの麻酔は施術後30分程度で抜けてしまうので、カウンセリング中などに麻酔は抜けてしまいます。

麻酔が残りやすい人や車酔いや電車酔いをしやすい人は、酔い止めなどを処方してもらうこともクリックでは可能です。

ホームケアなどを含めても不安要素をカバーできるのが、クリニックでの脱毛のうれしい部分と言ってもいいでしょう。

実際の麻酔の使用率はこのようになります。
脱毛 麻酔

シェービングの基準

大手クリニックをはじめ、クリニックでは剃り残しや少し長くなってしまったむだ毛などは、その場でシェービングを行ってくれるのがほとんどです。

ですが、まったく剃っていないなどの場合にはその分タイムロスが大きくなってしまいます。

シェービングは前日までに終わらせていくことで、クリニックで剃り残しを処理してもらう際にも時間がかからず済むので、必ずセルフシェービングは行っていきましょう。

シェービングは込みなのかどうか、有料になるのかなども一応チェックしておくことで安心できるかと思いますので、この部分もチェックしていくことがおすすめになります。

クリニックの脱毛は個人に合わせたコースがカスタム出来る

全身脱毛だけども特にこの部分が気になる、頬にある1本だけのむだ毛が気になる。この悩みを持つ人は少なくありません。この1本だけをその日のうちに脱毛することもクリニックは可能です。

フラッシュの形状が直線的なレーザータイプなので、デザインなども豊富にできるのでもみあげやうなじなどの脱毛でも細かな仕上げを行えるようになっています。

サロンでは広範囲を脱毛できる分散型のフラッシュを使用しているので、デザイン的なものは難しいですがクリニックでは個人のデザインに合わせや施術ができます。

また、Vラインなどの縮小はもちろんですが、毛量を減らしていく間引き脱毛なども可能であり、Vラインの濃さやむだ毛の量に悩んでいる人にとって大きな効果を発揮してくれます。

Iラインなども必要な部分は残し、Oライン周辺につながる部分などはしっかりと脱毛していくことなどが可能なのもクリニックの脱毛の特徴といえます。

価格面なども現在ではサロンとそこまで大差がなくなり、むだ毛の濃さや量に悩んでいる人などは最初からクリニックでの全身脱毛や部分脱毛を受けることで、あらゆる無駄を省いた脱毛を受けることができます。

クリニックで行われている全身脱毛まとめ

クリニックで行われている全身脱毛まとめ
クリニックの全身脱毛は初期段階ではサロンよりも高額に見えますが、条件や期間、追加のコース購入などを考えれば実はサロンよりも安いことも珍しくありません。

クリニックの脱毛は日々進化しており、一昔前の痛い、高額、というデメリットはほぼ払しょくできたといってもいいでしょう。特に初めて脱毛を受ける人ならば、クリニックのほうがあらゆる無駄がなくなります。

クリニックでの脱毛を受ける際に、有料でもお試し脱毛を受けることでむだ毛の抜け方、実際の痛み、肌の状態などを自分で体験することができ、安心して脱毛を依頼することができます。

お試し脱毛も実際の施術と同じなので、サロンとクリニックで悩んでいる場合は比較することでどちらが自分に適しているかの判断もつけやすくなります。

クリニックの全身脱毛の価格も大幅に下がりました。サロンとクリニックで悩んでいる場合には、一度体験脱毛を受けてみてその仕上がりでどちらがいいのかを考えることがおすすめであり、無駄のない脱毛に繋がっていくと考えていいでしょう。

  • この記事を書いた人

きぃちゃん

サロンから医療脱毛クリニックに乗り換えて大正解!メリットを挙げればキリがないので、脱毛サロンと医療脱毛クリニックを比較してみたよ! おすすめのクリニックや最新の脱毛施術法も合わせてご紹介!

-部位別の医療脱毛でわかること

Copyright© 医療脱毛が安い!全身・vio選べるクリニック5選【初めての医療脱毛】 , 2019 All Rights Reserved.