部位別の医療脱毛でわかること

VIOを医療脱毛で行う女性が急増!?医療脱毛が選ばれている理由まとめ

更新日:

医療脱毛 VIO
VIOを医療脱毛で行う人は非常に多いです。これはVIOなどの脱毛効果が医療脱毛は高いことから、サロンで満足できない部位はクリニックでしっかりと脱毛するという考えも一般的になってきました。

ではなぜ医療脱毛が効果があるのか?という事が気になりますよね。医療脱毛とサロンの脱毛の違いを知ることで、より良い脱毛を受けることにも繋がります。

医療脱毛はどんなものなのか?

医療脱毛はサロンの脱毛とは全く違うものになります。大まかに違いをあげると、

「医療行為としての脱毛」
「医療機関での施術」
「フラッシュの強さ」

の三つになります。

医療行為としての脱毛

医療行為としての脱毛
クリニックとサロンの違いとして、クリニックは医療機関になります。

クリニックと提携しているサロンなども最近は見かけますが、クリニックでの脱毛は医療行為のひとつになり、施術できるのも美容外科化美容皮膚科になります。

当然ですがスタッフはすべて医師免許か看護師免許を所持している状態であり、皮膚に関する専門家になります。

医療行為としての脱毛にはなりますが、施術行程はサロンと同じような流れになります。

永久脱毛を名乗ることができるのはクリニックの脱毛だけ

現在永久脱毛を名乗ることができるのはクリニックの脱毛の一種であり、ニードル脱毛のみになります。

サロン等のフラッシュでの脱毛は厳密には「減毛」になり、永久脱毛ではありません。

もちろん、繰り返すことで発毛を押さえ最終的に発毛できない状態を作ることで脱毛という形にはなりますが、現状で永久脱毛が受けられるのはクリニックのみと考えていいでしょう。

医療機関で脱毛はサロンとは全く違うものになる

脱毛後の肌トラブルの対応のために、クリニックと提携しているサロンが昨今では増えきていますが、クリニックはカウンセリング時に肌トラブルの際の対処法やクリニックでの対処を提案してくれます。

また、クリニックは医療機関なのでカウンセリング時や施術中に希望すればホームケア用の処方薬を受け取って帰宅することができます。

麻酔の使用ができるので痛みの無い脱毛もできる

VIOの脱毛で最も気になるのが「痛み」という人も少なくないかと思います。

サロンの脱毛でもVIOは痛みを感じる人は非常に多く、施術後の皮膚の腫れや毛嚢炎などでサロンの提携クリニックなどに向かう人も珍しくありません。

特にIライン、Oラインなどは皮膚も薄く色素沈着もある部分なので、痛みを感じやすい部分になります。

クリニックでは笑気麻酔や塗るタイプの麻酔などを使用することで、無痛脱毛が可能になります。

麻酔は別途料金になりますが、一度施術を受けてみてどうしても痛みに耐えられない場合などは、次回以降の施術で麻酔を使用することで快適な脱毛を受けることにもつながるといっていいでしょう。

帰りの電車や自家用車の運転までには麻酔は抜けてしまうので、具合が悪くなることもほとんどありません。

麻酔などで酔いやすい人は帰り用の酔い止めを貰うこともできるので、痛みに弱い人などは逆にクリニックでのVIOの脱毛のほうが効果も高く、痛みも感じなくて済むことなどからおすすめと言ってもいいでしょう。

アフターケアがしっかりとしている

クリニックの脱毛の多くが、自宅での処方薬などを受けることができます。

脱毛後は肌が乾燥することが多く、刺激を受けやすいので化粧水などを使用して2~3日施術した場所のスキンケアを行うのが一般的ですが、クリニックでの脱毛では化粧水などのスキンケア用品の処方も可能です。

他にも痛みを感じやすい人は鎮痛剤などのアフターケアもあり、肌に少しでも異変を感じたらすぐに対応してもらうこともできます。

クリニックでの脱毛は、アフターケアも個人の肌の状態や体調に合わせたものが多いので、サロンよりもより密なものと考えて問題はありません。

医療脱毛クリニックのフラッシュの強さ

医療脱毛クリニックのフラッシュ
サロンよりもクリニックのVIOの効果の高さは、フラッシュの強さの違いが元になっています。

サロンで使う光の約3倍のものを使うことができるで、毛根に与える働きも3倍以上になると考えていいでしょう。

3倍の強さで気になるのは痛みという人も多いかもしれませんが、口コミなどでも多いのが「クリニックの脱毛は思ったほど痛みがない」という部分になります。

なぜフラッシュが強いと効果が高いのか

脱毛に使うフラッシュはメラニン色素に当てることで反応を引き起こし、メラニンを分解、破壊することが脱毛の簡単な仕組みになっています。

日本人の体毛は黒~黒褐色が多く、メラニンに反応させることで毛根にも同様の働きを作用させることで新しい発毛の効果を弱めていくことができます。

これを繰り返すことで抑毛効果を重ねがけしていき、発毛自体を押さえていくのが脱毛の基本構造になります。

クリニックではこの効果が出るまでの期間が短く、サロンよりも満足度が非常に高いです。

フラッシュの強さが3倍なので、サロンのフラッシュでは反応が出にくい人や男性でも効果がしっかり出てくれます。

クリニックの脱毛希望者に男性が多いのも、このフラッシュの強さとニードル脱毛の併用などが大きな部分になっています。

男性のむだ毛は女性よりも太く濃いものが多く、サロンのフラッシュでは効果を感じない人が多いのも実情です。

このため最近では男性専用の脱毛クリニックなどもあり、男性の脱毛に対する意識が変わってきたことがわかります。

クリニックの男女比は以下のようになっています。

医療脱毛クリニックの男女比

クリニックの男女比

クリニックとサロンの比較ポイントPICKUP

クリニックとサロン比較
クリニックでの脱毛は今までは高いというイメージがありましたが、最近ではサロンと同等の価格であることが多くなりました。

これはクリニックの数が増えたことでマシンなどの供給安定してきたことと、クリニックでも価格競争が起こり始めたからになります。

サロンのVIOのコースとクリニックのVIOのコースを比べる場合のポイントは、回数と金額になります。

多くの場合ですが

・サロン VIO 5回コース 25000円
・クリニック VIO 5回コース 40000円

くらいの差額があるかと思います。この場合はサロンがお得に見えますが、クリニックはサロンのフラッシュの3倍の強さの施術を受けることができます。

では具体的になぜクリニックのVIOが指示されるのか?になります。

期間の短さ

サロンの多くが2ヵ月~3か月に1度の施術に対して、クリニックは基本的に1か月に1度の施術が中心になっています。

VIOの脱毛が同じ5回であってもクリニックは最短で5か月、サロンは10か月になってしまうので、なるべく早く脱毛を完了させたい人にはクリニックのほうがおすすめになるのも納得かと思います。

回数の追加が少ない

VIOをサロンで脱毛する場合には、1回の追加では満足できないことがほとんどです。

これはサロンのフラッシュの弱さもありますが、VIOは色素沈着も多い部分なのでフラッシュが反応しにくいこともあります。

クリニックでは5~6回をワンセットにし、その後は1回単位での追加脱毛の購入などが可能です。

もうすこしだけ脱毛したい、この部分を集中で脱毛したいという部分にも、この追加分で修正ができるのでコストパフォーマンスに優れています。

フラッシュの角度の違い

サロンのフラッシュとクリニックでは、フラッシュの強さはもちろんですが角度が違ってきます。

サロンのフラッシュは広範囲を一度に脱毛できる「分散型」になり、クリニックのフラッシュは一か所に集中して当てることのできる「直線型」になります。

分散型は一度の広い期間を脱毛できますが、一か所に集中して当てることが難しいです。これに対して直線型は、一か所に集中して当てていくので確実な効果が出せます。

直線型は一か所に対して集中してフラッシュを当てることができます。

広範囲の脱毛には時間を必要としますが、VIOのような狭い範囲に太いむだ毛などが密集している部分やVラインの毛量調整などに関しては、非常に有効な方法になります。

医療脱毛が一時期レーザー脱毛と言われたのも、この放射の形状からになります。

フラッシュの形状の違いもですが、強さなどを考えるとクリニックの脱毛はクオリティの高さがサロンよりも数段違うことにも納得がいくかと思います。

脱毛にかかる金額の比較

脱毛にかかる金額の比較
サロンとクリニックの違いで最も気になるのが、「料金」という人も多いのではないでしょうか?

サロンの多くが現在月額制を導入しており、無理のない金額で全身脱毛の中にVIOを取り入れていることが増えてきました。

また、VIOなどの個別のコースを省き全身脱毛だけというサロンもあります。VIOで月額制、脱毛し放題等ならばお得なのかも?と考える人もいると思います。

では、実際にサロンの月額制脱毛し放題クリニックの回数パックはどちらがお得なのか?になります。

前述した通り、クリニックの脱毛は基本的に1か月~2か月に1回です。これに対してサロンは2ヵ月~3か月に1回になります。

クリニックで5回終えるまでの期間で、サロンでは2~3回しか施術が終わっていないことも珍しくありません。

クリニックの脱毛は1回目のフラッシュから効果を感じすく、3回ほどで希望の形や仕上がりが目に見えてきます。

期間の短さもですが、ここで大事なのは価格になります。月額制の回数無制限の場合は、サロンに通っていない期間でも料金が発生します。

5回の脱毛を終えるまでにかかる日数や価格を比べると、クリニックでの脱毛が安くなることも珍しくありません。

実際に5回コースなどで、クリニックの脱毛での5回目以降の追加コースなどの平均回数が1~2回の購入で済むのに対して、サロンでは満足いく仕上がりまでは10回前後という表記も非常に多いです。

サロンのコースプランでは満足できずに料金がかかることと、期間も長引くことを念頭に置くとVIOはクリニックでの脱毛がベストという考えに行きつくと思います。

シェービング料金

VIOで最もトラブルがあるのが、シェービングになります。脱毛前は自分でシェービングを行い、施術を受けるのですが、剃り残しなどがある場合はその箇所の施術を受けられないなどが多発しています。

シェービングトラブルはVIOと背中に多く、特に背中とOラインは自分で上手に剃るのは難しい部分です。

また、施術する人によって剃り残しの基準なども大きく違うことなどもトラブルにつながっています。

料金を追加で支払うことでシェービングをしてくれるサロンの場合は、1か所につき1000~1500円程度になります。VIOの場合は3か所になるので1000円×3回=3000円の追加になります。

これを施術のたびに支払えば、クリニックの脱毛よりも長くかかることがサロンの脱毛なので出費も大きくなってしまいます。

ほとんどのクリニックは、VIOの場合は施術料金にシェービング料金も含まれています。クリニックの脱毛は、シェービングが苦手な人などにもおススメの脱毛と言っていいでしょう。

医療脱毛クリニックにおける口コミを見てみよう!

良い口コミ
サロンのVIOは全く抜けなくて回数だけがかさんでいきました。10回でも半分も減らなかったので解約してクリニックで脱毛をはじめたら1回目でもしっかりとむだ毛が抜けてきました!サロンの修正コースをお願いしたんですが3回で一度様子をみて、必要な分だけ追加するということにしてもらいました。カウンセリングもしっかりとしてるので安心できます。VIOは絶対にクリニックです。(35歳 会社員 女性)

良い口コミ
むだ毛が濃いので最初からクリニックでのVIO脱毛を希望しました。思っていたよりも痛くないのと、確実にVIOのむだ毛が減ってきました。脱毛の仕上がりをカウンセリングで決めた時にIラインは完全無毛にするよりも前から見て性器が丸見えにならないように残すことができるなども提案してもらえたのでいらない部分を脱毛してもらってます。(28歳 教育機関 女性)

良い口コミ
彼女に言われてVIOの脱毛をはじめました。痛いのが苦手なので麻酔のことなども話をしましたが、1回やってみて痛いときは麻酔を使うことにしました。
思ったよりも痛くはなかったんですが、Iラインをしっかりと脱毛してもらうときはちょっと痛かったです。いわゆる玉竿脱毛もお願いしてるんですがかなり快適です。Oは男だったらやるべきだと思いました。次は髭脱毛を考えてます。(30歳 会社員 男性)

VIOは、サロンからの移動なども含めてクリニックでの脱毛で満足できるようになったという口コミが多く、男性のむだ毛やVIOもしっかりとクリニックであれば効果を出せることが目立っていると言えます。

医療脱毛とVIOについてまとめ

医療脱毛とVIOについてまとめ
VIOは、しっかりと脱毛したいと考える人が多い部分です。

サロンでは、回数はかかったけども満足できる仕上がりにならなかった、そんな人でもクリニックの脱毛は満足いく仕上がりが多いといえます。

多くのクリニックでは、カウンセリング時にテスト照射を受けることが可能であり、お試し脱毛なども低価格で行っています。

お試し脱毛などは有料でも一度受けておくことがおすすめであり、実際に体験することで肌の状態などを自分で確かめてから、納得して脱毛を受けることができるようになります。

  • この記事を書いた人

きぃちゃん

サロンから医療脱毛クリニックに乗り換えて大正解!メリットを挙げればキリがないので、脱毛サロンと医療脱毛クリニックを比較してみたよ! おすすめのクリニックや最新の脱毛施術法も合わせてご紹介!

-部位別の医療脱毛でわかること

Copyright© 医療脱毛が安い!全身・vio選べるクリニック5選【初めての医療脱毛】 , 2019 All Rights Reserved.